2009年07月07日

非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門

飯間 浩明さんの

【非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門】

を読みました。




【目次】
第1章 伝えたい考えは「クイズ文」で書く
第2章 クイズ文の型を理解しよう
第3章 実践!クイズ文を書いてみよう




【感想】
考えを理解してもらうのに適した文章はあるか?

クイズ文が適している。

クイズ文とは
@問題
A結論
B理由

の順に書かれた文章である。

結論は1つ示され、読者に賛成または反対の意見を生じさせるものである。
読者に1つのことを伝えたい場合には適している。

普段私達が使っているのは日記文と呼ばれ
@事実
A感想

の順に書かれている。

どちらが優れているというわけでもなく、違いをわかったうえで書くことが大切です。



この本に書かれていることは上記の事のみといえます。

1冊全てを使ってそれだけですが、これでもか!というくらい事例文をふんだんに使われて、わかりやすかったです。

レポートや報告書で言いたいことがわかりにくいと言われる人(←私!?)は一度読んでおくことをオススメします。良書です。

しばらくこの形式を多用するかもしれないけどご了承ください。



【フィール・リーディング】
なんか頭よくなった気がする
記事を書きたくなってきたにゃあ


満 足 度★★★★☆
オススメ度★★★★☆


by AXY
タグ:飯間浩明
posted by AXY at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123026575
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。