2010年02月27日

1002読書日記

29 洗脳原論
28 凡人起業
27 たった2分で人の心をつかむ話し方(CD)
26 全社一丸経営のススメ(CD)
25 すばらしい思考法
24 たった2分で人の心をつかむ話し方
23 生命保険のカラクリ
22 「超神ネイガー」が教える!コンセプトをカタチにする力(CD)
21 大人のケンカ必勝法
20 ほっとする論語70
19 ウミガメのスープB 札束を焼く強盗
18 仕事するのにオフィスはいらない
17 もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
16 情報の文明学
15 つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?
14 新釈菜根譚
13 精神科にできること
12 ウミガメのスープC 借金を踏み倒せ


posted by AXY at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

ビジネス書活用会・第一回に参加しました

金曜日のノー残業デーを利用して、ビジネス書活用会に参加してきました。
主催者は【知識をチカラに】のこばやしさん。

知識をチカラに

第1回のテーマは、「自己啓発書」でした。
私が選んだのは、【ほっとする禅語70】です。




第一回ということで読みやすいものをチョイスしました。
見開きページ読みきりでどのページからでも読めます。

仕事などで疲れている時にパラパラと捲って読んでいると、気持ちをリセットできます。
読むたびに新しい気付きがある本が好きです。

一方、みなさんの選書を拝見させていただくと・・・
自己啓発書の王道と言えるものからドラッカーなど、
錚々たる本をお持ちになっていて恐縮してしまいました。

私の周りにはこういう本を読んでいる人はあまりいないので、
自分では結構読んでいる方だなと思っていましたが、
読むことが目的みたいになってしまっていたことを感じました。
みなさん、本で得た知識を活かして実践されていてすごいです。

次回のテーマは「コミュニケーション」に決まりました。
テーマを決めて読むと、身につきやすそうだな〜と思いました。

後日、早速ゲットした本はコチラ
ワンランク上の問題解決の技術



プロフェッショナルの条件

posted by AXY at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

2010年最高の一冊 もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

2010年始まってまだ一ヶ月ちょっとですが、毎年恒例の最高の一冊を取り上げたいと思います。

今年はこれを越える本には巡り合えないのではないかと思います。



その一冊は、

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』

です。




昨年末にドラッカー学会の講演に参加した時に、ドラッカー学会の代表さんがオススメしてた本です。

表紙はいわゆる萌え系ですが、中身はしっかりした文章で構成された、れっきとしたビジネス書です。

小説仕立てで、挿絵は他に3枚あっただけです。

アマゾンではずっと予約受付状態だったので、なかなか注文できなかったのですが、リアル本屋さんで見つけたので早速購入しました。
(レジに持っていくのが恥ずかしかった。。。



マネージャー初めての女子高生が、間違えてマネジメントを買ってしまうという無茶苦茶な展開ですが、それ以外は筋が通っていてスッキリ入る内容です。

ビジネス書を活用するということはこういうことか!と言うことに気づかされました。

ただ読むだけではなく、成果に結び付けないと意味がないですよね。

難しいことを難しく書くことは誰にでもできることだと思いますが、
難しいことをわかりやすく説明するのは、本当に理解している人にしかできないことだと思います。

これって、他の分野にも応用できそうだな。

この本を読んで、自分の専門分野について分かりやすくてためになる本書いてみようかなとか思った人って結構いそうですね。



ビジネス書を読んで涙がこぼれたのは何冊ぶりかな?

そういう意味では数百冊に一冊の本だといえます。



超オススメなので、
ドラッカーって難しそう、とか
ビジネス書読んでみたいけどどれから手をつけていかわからない
と思う人は読んでみてください!!!!

もちろん、ドラッカーの本読んだことある人でも楽しめると思います!



女子高生が読んだ本はコチラ

マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版]

posted by AXY at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。