2009年03月28日

Yes,Boss!のすすめ―最初の3年で仕事のプロになろう!


落合 文四郎さんの

【Yes,Boss!のすすめ―最初の3年で仕事のプロになろう!】
https://www.amazon.co.jp/dp/4884664434?tag=buyandhold-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4884664434&adid=1X0D7ZW6XTKFV0FWXR6Y&

を読みました。


【目次】
第1章 最初の三年でこれだけ差がつく
第2章 「三つ子の魂、百まで」の修行心得
第3章 Yes,Boss!のすすめ
第4章 三年で「三種の神器」を身につけよう!
第5章 成長し続ける人の四つの習慣
エピローグ すべてはやるか、やらないか






【AXY's EYE】mixiでの公開範囲を限定しての公開となります。
(一部公開)

原因を他に求めない

まず身につけるべきは「型」

あなたが悩んでいることは、すでに誰かが解決している

フィードバックは「受動的に受けるもの」ではなく、「自らもらいにいくもの」

メモをすることのメリットの一つは、書くことによって考えていることを明確にできることです

G-PDCAのサイクルの一番目は、ゴール設定です。常にWhy?を考え、ゴールを自ら確認すること
ここでいうWhy?とは目的のことです

よくない情報こそ、なるべく早く上司に報告するべき

問題 = 理想 - 現実

仕事の報酬は、仕事

成長曲線は Y=X^2


【感想】
社会人1年目に読むべき本の大本命です。

普段ビジネス書や自己啓発書を読んでいる人には当たり前のことも結構書かれていますが、
知っててもできていないことも多く、初心に戻れる一冊です。

今度、会社の新人君にこの本を渡そうと思います。


posted by AXY at 17:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

ほめ言葉ワークブック


本間正人さん・祐川京子さんの

【ほめ言葉ワークブック】

を読みました。


【目次】
「ほめ達」へステップアップするために
的確なほめ言葉を見つける秘訣
エクササイズ&実践ヒント(職場の上司・部下をほめる
相手の職業・職務に合わせてほめる
相手の状態・行動に合わせてほめる)
ほめる力に磨きをかけるヒント






【AXY's EYE】mixiでの公開範囲を限定しての公開となります。
(一部公開)

本人も思いもよらないようなほめ言葉を用いることは、言葉そのもののインパクトの強さが相手の期待水準を超え、感動を与えることにもなります

バリエーションを増やすための五つの観察ポイント
@重点に注目する
A周辺を観察する
B違いに目を向ける
C見えないものを察する
D未来と可能性にフォーカスする

苦手な上司には、仕事と関係ないことや仕事でも優先順位の低いことから相談し、「頼りにしています」という姿勢を示すことがポイントです

ほめることを続けていると、手ごたえが感じられるようになり、ほめるのが楽しくなってきます。自然と場数を重ね、ますますほめる力が磨かれるという好循環が生まれてくる

ほめ上手になるには、ほめられ上手になることも大切なポイントです



【感想】
ほめ言葉ハンドブックの実践編です。

具体的な場面を想定して書かれています。


【こんな人にオススメ】
・ほめるのが苦手な人
・ほめられるのが苦手な人

posted by AXY at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

0903読書日記

77 運命の法則
76 金融広告を読め
75 幻想を捨てた女性たちが先導する市場のニュートレンド(CD)
74 なぜこの店で買ってしまうのか ショッピングの科学
73 ビジネスマンのための「読書力」養成講座
72 最大効果!の仕事術
71 Yes,Boss!のすすめ
70 100回泣くこと
69 相場師一代 是川銀蔵
68 亜玖夢博士の経済入門
67 大好きなことをやって、生きよう!(DVD)
66 大好きなことを仕事にする8つのステップ(DVD)
65 1の力を10倍にする アライアンス仕事術
64 なぜ、大好きなことが見つからないのか(DVD)
63 ほめ言葉ワークブック
62 ワンランク上の問題解決の技術
61 涙の数だけ大きくなれる!
60 「法則」のトリセツ
59 先読み力で人を動かす
58 「打たれ強さ」の秘密
57 残り97%の脳の使い方
56 急に売れ始めるにはワケがある
55 「判断力」の磨き方
54 ビジネスマンのための「数字力」養成講座



なんだかんだで結構読みました。良い本も結構ありました。
良本に当たる確立が上がってきたような気がします。
目利きができるようになったのか?
はたまた、どんな本からでも学べるようになったのか?




個人的に◎

・なぜこの店で買ってしまうのか ショッピングの科学
・Yes,Boss!のすすめ
・相場師一代 是川銀蔵
・亜玖夢博士の経済入門
◎ワンランク上の問題解決の技術
○涙の数だけ大きくなれる!
★「法則」のトリセツ
○先読み力で人を動かす
○残り97%の脳の使い方
○急に売れ始めるにはワケがある
◎「判断力」の磨き方
○ビジネスマンのための「数字力」養成講座




いっぱいあるのでノーコメント







posted by AXY at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

0903映画日記

11 ムーラン・ルージュ
10 闇の子供たち
9 転々



・闇の子供たち
タイの人身売買のドキュメンタリー風映画。
江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市など豪華メンバーが出演されています。
臓器売買とか映像がグロいので気持ち悪くなりました。
タイの裏事情が知りたい人はみてください。
posted by AXY at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

金融広告を読め


吉本 佳生さんの

【金融広告を読め】


を読みました。





金融広告の事例がいっぱいで、物凄い分厚い本になってます。

今まで投資でうまくいかなかった人が読んでみれば、その理由が分かると思います。

しってる人には、なるほどねと思う内容ですが、これから投資を始めようと思っている素人さんにはなかなかピンとこないかも知れません。




by AXY
タグ:吉本佳生
posted by AXY at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

すでに起こった未来

P.F. ドラッカー さんの

【すでに起こった未来】


を読みました。




すでに起こった未来について書かれています。
さすがドラッカーさんです。
posted by AXY at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

なぜこの店で買ってしまうのか―ショッピングの科学


パコ アンダーヒル さんの

【なぜこの店で買ってしまうのか―ショッピングの科学】


を読みました。


【目次】
第1部 ショッピングの科学の誕生(こうして科学が生まれた
小売業者が知らないこと)
第2部 ショッピングのメカニズム(入口と移行ゾーン―ショッピングの始まり
手の問題の重要性 ほか)
第3部 ショッピングの統計的研究(男性と女性のショッピングの相違点
女性が小売店に求めるもの ほか)
第4部 ショッピングの力学(意志決定をつかさどる感覚的な要素
三つの要素 ほか)





【感想】

小売業をされている方には、目からウロコの情報が満載です。

マーケットプレイスで安値で売られていますので、是非ゲットしてください。

これを読まずに商品陳列とか、広告置き場を決めている人は、相当ヤバイことになっていると思われます。

posted by AXY at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

ビジネスマンのための「読書力」養成講座


小宮一慶さんの

【ビジネスマンのための「読書力」養成講座】

を読みました。

【目次】
速読
通読レベル1
通読レベル2
熟読
重読
読書力を高める八つのポイント
本書で紹介した小宮流読書法別ビジネスマンのための必読書60



【AXY's EYE】mixiでの公開範囲を限定しての公開となります。
(一部公開)

読書の技術というのは、「速さ」によって区別されるのではなくて、「目的」によって使い分けるべきもの

速読は、あらかじめ自分が知りたいことが分かっている人が、それを手に入れるための手段。何のためにその情報が必要かの目的を決め、取りたい情報と捨てる情報を素早く判断する。そのためには、そのことに関して、一定の知識ベースが必要。

インスピレーションや直観力というのも、論理的思考や関連付けからくるもの

GOODはGREATの敵である

頭のよさとは、計算力や暗記力が上がることだけではなくて、論理的思考力のレベルがあがること

自分の専門分野や興味のある分野の本を、全部読まなくてもいいから必要なところだけ、リファレンスを参照しながら読むのが、熟読です

重読は「意味」を得るだけの読書ではなく、「意識」を高めるための読書


【感想】
○○力シリーズと速読ブームの勢いに乗せられて出しちゃったかなという本。

流行の速読だけではなく、じっくり読んで論理思考を得る重要性が書かれています。

また、重読(再読)も薦められていて、いい本を繰り返し読むことによって、自分を高められるということも分かりました。

ビジネスマンのための必読書60もついていて、いくつか気になったものがあったのでそちらも読んでみたいと思います。




【こんな人にオススメ】
・○○力シリーズが好きな人
・速読に偏っている人
・これから読書を始めようと思っている人




by AXY
タグ:小宮一慶
posted by AXY at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

自助論


スマイルズさんの

【自助論】

を読みました。

自助論と言えば、自己啓発書三大古典の1つですね。

ちなみにあとの2つは
・原因と結果の法則
・7つの習慣
ですね。






【AXY's EYE】mixiでの公開範囲を限定しての公開になります
(一部公開)

天は自ら助くる者を助く

天才とは常識の権化である

いかなる職業でも、有能な人間になるには次の三つが欠かせない。
それは天性と勉強、そして実践だ

今日なすべき仕事を明日に延ばすな

「もしも」は無能のつぶやきにすぎない

ほんとうの勇気は常にやさしさと共にある





by AXY
タグ:スマイルズ
posted by AXY at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

【「先読み力」で人を動かす リーダーのためのプロアクティブ・マネジメント


村中 剛志さんの

【「先読み力」で人を動かす リーダーのためのプロアクティブ・マネジメント】

を読みました。

【概要】「BOOK」データベースより)
先手必勝の極意!不要なトラブルは先手を打って回避する。「攻めか?受け身か?」で完了タスクを分析する。ミーティングは準備ですべてが決まる。人は頼られるのが好き。事前ネゴをやろう。期待値と満足値のギャップをコントロールする。これであなたも圧倒的成果を生み出せる。



【目次】
序 章 先読み力ってなに?
第1章 あなたの先読み力を知る
第2章 先読み力を鍛えるタイムマネジメント
第3章 メンバーが躍動するチームマネジメント
第4章 成果を生み出すミーティングはこうつくる
第5章 チーム関係者を巻き込み成功に導く
終 章 リーダーに必要な三つのこころ






【AXY's EYE】基本的にmixi上での限定公開とします
(一部公開します)

起こりうる出来事(問題)を推測、発見する力を「先読み力」、
先手を打つ1歩先に行動することを「プロアクティブ」

「プロアクティブ」な人は、認知→タスク化→実行というプロセスで行動します

ミーティングのクオリティは、事前準備によってほぼ決まる

「何を?誰が?いつまでに?」をすべての決定事項に対して明確にする

まず、自分がお客様に認められろ。そしてお客様がお客様社内で認められるために行動しろ

いつも忙しく仕事をしているリーダーよりも、仕事を任せてくれ、かりに問題が発生しても必ず助けてくれるリーダーのほうが頼れる




【感想】

この本を読んでいくつか取り入れてみたことがあります。

まず、仕事の予定を3週間先まで書いてみる事です。そして実際に行った仕事とずれているところはないか確認します。

実際に細かく一日の予定を書けるのは次の日くらいまででした。

一つ終わったら次、終わったら次と流れ作業的な仕事をしているのがわかってちょっとショックでした。

もう少し計画的に進められるように、自分主導の仕事の仕方を考えてみようと思います。


また、ノートを取る時にフォローするべきタスクの左側に「□」マークをつけるというのもやってみました。

打ち合わせが終わった後に自分がするべき事がわかりやすくなりました。

本は読むだけでは意味がないので、少しずつでも試していきたいと思います。




【こんな人にオススメ】
・いつも忙しい人
・計画性のない人


by AXY
タグ:村中 剛志
posted by AXY at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。